読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高男と俗物太郎、ときどき苦界生(いきる)が行く

海外MBA留学したい、刃牙大好き、ちなみに嫁とはセックスレス

カイジゲーム 自分がブラック企業にいると思っている人はやってみよう⑯ 【反撃フェーズ#4】プランB(自衛):上司にとってヤバい奴になる 2/2

苦界 生です。

 

先回に続き、プランBの一例を示します。

 

まず、上司から仕事を振られ、一度断ったものの、会社での力関係からあなたはしぶしぶと仕事を引き受けます。ここまでは、共通するシチュエーションです。

ではこの後、何をするか、あえて極端な例を示します。

 

翌日からあなたは髪を真っ青に染めて出社します。

 

当然周囲の人は驚愕します。そして、会社のいろんな人があなたに対し、「一体どうしたんだ?」と聞いてくることでしょう。

そこであなたはが言うのは「上司の○○さんが、私が無理だと言っているのに無理やり仕事を押し付けてきたからです」ということです。会社の人には、ここで「上司のせいでやった(髪を青くした)」という情報をインプットします。

 

そんなやり取りがおそらく何回かあるでしょう。

そして、いよいよ仕事を押し付けてきた当の上司本人が登場します。

上司は、会社の他の人と同様、あなたに「一体どうしたんだ?」と聞いてきます。

 

あなたが言うべき言葉は他の人にいう言葉と大体同じですが、一言付け加えます。どう答えるか下記に示します。

「○○さん(上司)が私が無理だと言っているのに、無理やり仕事を押し付けたからです。とりあえず、明日は髪をもとに戻して出社しますが、また私ができないと言ったときに、無理やり仕事を押し付けるようなら、また同じようなことをします」

こう言うのです。 

普通のサラリーマン上司ならこれ一発でやられます。今後、あなたに対し、かかわりを持つのを避けるようになっていくでしょう。

なぜなら、上司は部下の監督責任も持っています。上司の無理な仕事の要求で、部下が突然奇行に走ったとなれば、上司がしっかり部下をマネジメントできていないということになります。そのため、上司は、さらに上の上司からマイナス評価を受けてしまいます。それに、「奇行(髪を青く染めてきた)」=「上司のせい」という情報が広まることにより、その上司の周囲の人たちからの印象も悪くなります。ここは、上司は会社という組織の人間であるということを逆手にとりましょう。

 

上記の理由から、上司はあなたを下手に刺激することは、組織人としての上司の今後にとってマイナスになると計算し、結果、あなたに今まで以上の仕事は振られなくなるはずです。

 

スムーズにいけば以上のような結論になります。ただし、そう簡単にいくものではありません。おそらく上司(また、場合によってその上の上司)は、あなたに対し「じゃあお前は一体どれぐらいの負荷になっているんだ?」と聞かれると思います。

 

その時に役に立つのが、自分の業務と工数を明確化した情報です。すかさず出しましょう。(こういう時すぐに出せるように、上記情報を紙に書いておく or エクセルなどで作って印刷しておくとよいでしょう)

 

そして、自分はこれ以上の仕事はできないのだということを数字をベースに強調しましょう。 数字をベースにすることで説得力が増します。また、そうすることによる副次的な効果もあります。あなたは奇行に走っているものの、数字による説明をすることで、逆に冷静さが強調され、衝動的ではなく確信犯的にやっているということが伝わり、上司に対し、あなたのことをより脅威に感じさせることができます。

 

以上がプランBの一例です。

あなたは、仕事を振られなくなりますが、それと引き換えに周囲からヤバい人のレッテルを張られ、自部署では孤立していくことになるでしょう。

また、新たな仕事を振られなくなるということは、自部署において、仕事で活躍するチャンスがなくなることでもあるので、成果を出すことが非常に難しくなります。その会社で出世や昇進を考えている人にとっては、明らかにマイナスになります。当然、上司からの評価は最低になるので、上司からの後押しは期待できないでしょう。

 

そこは、プランAと同じく、得られる効果とリスクを 天秤にかけて実行する必要があります。要は、あなたが どれだけブラック状態から抜け出したいかという思いが重要です。

ただ、個人的に思うのは、昨今の電通における新入社員の過労による自殺にみられるように、死んでしまったら出世どころではありません。命あっての物種です。死ぬ程追い詰められているならば、プランBはありだと思います。

いろいろ心理的に抵抗があるでしょうが、そういうときは改めて、「俺はカイジゲームというゲームに参加しているだけなんだ。ブラック状態が終わればゲームも終わる」というように、マインドセットをし直しましょう。

 

もし、再起を図ろうとするならばカイジゲームを終わらせ、結果、ブラック状態を抜け出し、一度体制を整えてからでも遅くないはずです。時間が経てば、自分もしくは上司が異動になり、新しい環境が訪れるかもしれません。再起の図り方はそのとき考えましょう。

 

繰り返しますが、プランBは、あなたが今日明日を乗り切るのに精一杯で、日々精神をすり減らし、どうしようもなくなったとき、上司が組織人であることを利用し、上司にとってヤバいやつになることで自衛を図る手段です。

 

そして、上司にとってどうヤバく見せるかは、各人の創意工夫によります。髪を青く染める以外に、スキンヘッドにしてきてもよいと思います(その場合、髪が生えてくるまで、しばらくもとの状態に戻せませんが)。

 

以上で反撃フェーズについての説明を終わります。

 

次回でカイジゲーム自体のまとめをし、一連の投稿を締めくくりたいと思います。

 

次回へつづく